|| ネパールカレーあれこれ ||
読めば読むほどハマッていく、ネパールカレーの雑学コーナー。
ティハールのネパールカレーの魅力を知っていただき、いっそうおいしくお召し上がりください。
★ネパールカレーとは?
「ネパールカレー」と言ってもカーストや家庭ごとに違いますが、ティハールのネパールカレーは、比較的裕福なカースト「ネワール族」直伝のスープカレーです。たまねぎをベースに、しょうが、にんにく、トマト、そしてネパール直輸入のスパイスを使っています。コチラもご覧下さい。
★ベジタリアンも食べられます
ルーに使用している食材は、塩と水を除いて全て植物由来のものです。カロリーも控えめで、一食(ルー110g)あたり140キロカロリー。ベジタリアンの方だけでなく、カロリーが気になる方も安心してお召し上がりいただけます。
★ネパールカレーは健康食品?
ネパールの山奥に住む人たちは、毎日ネパールカレーを食べています。また、肉を食べるのはお祭りや祝い事のときだけで、年に数回です。日本で知られている栄養学では不足だらけの食生活と思われますが、成人の多くは男女問わず驚異的な体力を持っています。たとえば40〜50kgの荷物を背負い、裸足で何時間も山道を歩きます。この驚異的な体力の源はもちろんネパールカレーです。
★毎日べ続けられるおいしさ?
現在のネパールは、数十年前と比べると食文化も多様になってきました。特に首都のカトマンズには高級ホテルやスーパーなどが数多くあり、食の欧米化が進んでいるように感じますが、それでもネパール人の多くはほとんど毎日ネパールカレーを食べています。特に山奥に住む人たちは、毎日2食、数十年間ネパールカレーを食べています。ネパールカレーは「毎日食べても飽きないおいしさ」なのかもしれません。
★高い保存性
ネパールカレーのルーツは現在のインドです。気温が40℃を超えることもある国の料理なので、もともと保存性の高い食品です。当店ではビンに詰めた状態で、4週間の冷蔵保存と常温保存を試みました。結果は、両者とも若干風味が落ちた程度で傷みはありませんでした。もちろん合成保存料などの科学的なものは一切使用していません。
★ブッダも食べていた?
ネパールと言えば、仏教の開祖である「ブッダ」生誕の地。ブッダは紀元前500年ごろ、インド北部(現ネパールのルンビニ)で産まれたとされています。ティハールのネパールカレーに使われている食材は天然のものだけで、そのほとんどは、2500年前のインド北部で手に入るものです。ブッダもこんな味のカレーを食べていたかもしれません。
★「塩分控えめ」と思う人はネパール通
ネパールの食べものは、甘いものでも辛いものでも、日本と比べて味が濃いのが特長で、ネパールの山奥になるほど厳しい労働条件になるため、濃い味の傾向はさらに強くなります。ティハールのネパールカレーは、日本人の好みに合わせ、塩分を若干ひかえていますが、それでも「塩辛い」と感じる方もいらっしゃいます。反対に、ごくまれに「薄味ですね」とおっしゃる方もいらっしゃいます。ティハールのネパールカレーを食べて、「塩分控えめ」とお感じになる方・・・ネパール通です。
★「ネパールカレーセット」はネパール人の一食分?
「ネパールカレーセット」は、2〜3人分として販売しています。実際にお米を炊いていただければお分かりかと思いますが、2人分としては大盛りになり、少食の方でしたら3人で召し上がっても充分な量だと思います。ネパールは一日二食の文化であることや、よく体を動かす生活をしていること、また、食材の種類が乏しく、不足しがちな栄養素を「量」で補う傾向があり、一回に食べる量が多くなります。
★現地の食べ方はいかがですか?
ネパールでは手を使ってカレーを食べます(ただし使う手は「右手」だけです)。お試しになりたい方は以下の手順でぜひどうぞ。
1:あらかじめ、食後に指を洗うための水(コップで可)を用意しておきます。
2:ご飯は浅い皿に盛り付けます。
3:盛り付けたご飯の上にカレーをかけ、右手の指で混ぜ合わせます。
4:親指を除く4本の指(または親指と小指を除く3本の指)で混ぜたカレーをすくいあげ、親指の爪側で口の中に押し出す感じで食べます。
5:食後、あらかじめ用意した水で右手を洗います。水を入れた器を左手に持ち、皿の上で右手にゆっくり注ぎながら洗います(ネパールの山奥では水が大変貴重なため、指を洗い終わったあとの水は家畜に飲ませます)。手で食べることに慣れてくると指の汚れ方が違ってきます。興味のある方は何度か挑戦してみてください。
★もちろん店主も食べています
店主の私もネパールカレーは大好きです。忙しく働いたあと、多めのルーで食べるネパールカレーは最高です。
★いつかは当店ウッドデッキでお召し上がりください
カレーと言えば「夏」。真夏の屋外で手を使って食べるネパールカレーはいかがでしょう?夏休みはぜひ当店ウッドデッキでネパールカレーをお召し上がりください。ご来店お待ちしています。


【ネパールカレーを注文する】
送料
日本国内一律700円
(6600円以上お買い上げの方は無料

お支払方法
代金引換のみ(代引手数料無料)
商品お受け取り時、ドライバーにお支払いください。

お支払いについて
表示されている金額はすべて消費税込みの金額です。

発送について
賞味期限まで1週間以上の商品を、ご注文をお受けして2、3日以内にヤマト運輸通常便にて発送いたします。


ティハールの「ネパールカレー」調理方法
鍋にうつして温めてください(温める時間が長すぎますと、水分が蒸発して塩分が濃くなり、風味も損なわれますのでご注意ください)。お好みの具材を入れ、軽くまぜて味をなじませます。詳しくはコチラ

商品は「簡易包装・代引き」でのお取り扱いになります。
ご注文をいただいてから2、3日以内に発送させていただきますが、パソコンのトラブルや運送事故など、やむを得ない事情により時間のかかる場合があります。
万一、ご注文後5日を過ぎても商品が到着しない場合は、お手数ですが、電話かファックスにてお問い合わせください。
また、年末年始・ゴールデンウィーク・お盆期間中は発送が2~3日遅れる場合があります。
電話&ファックス 0558-63-2777

|| トップ || ハジモラ || ティハール || ライダー || リンク ||  || メニュー || ザッカ || OKバジ || ネパールカレー || ウーフ ||